カラコン2weekにしたい理由はお手入れのこともあります

カラコンを取り扱うときに気をつけたいのは、手を石けんでよく洗って清潔にすることです。
目やレンズに細菌がつくと、目のトラブルが起こる恐れがあります。カラコンを取り扱う前後には手洗いすることを習慣づけるようにしましょう。
また、カラコンは柔らかい素材でできているので、爪で傷ついたり破れたりすることがあります。爪も短くカットしておくことをおすすめします。
さて、ワンデイタイプのカラコンは取り外した後は捨ててしまうので、お手入れの必要がありませんが、その他のタイプは使用後にお手入れをしっかり行って、汚れを除去しないといけません。洗浄・すすぎ・消毒までの機能のあるMPS(マルチパーパスソリューション)と呼ばれるケア用品を使ってお手入れを行います。
取り外したレンズを手のひらに乗せ、MPSを数滴たらしたら、レンズの片面ずつこすり洗いをします。人差し指で、2~30回前後に動かすように洗います。その後、MPSで両面をすすぎ、残留物を流します。保存ケースいっぱいまでMPSを注いで、その中にレンズを入れます。
4時間以上そのままにすると消毒完了で、そのままレンズを装着することができます。
長期間使用するタイプでは、2週間ごとにタンパク除去剤を使って、蓄積したタンパク質と脂質を取り除きます。

こういったお手入れ方法は人によっても方法が違ったりしますが、一つ言えることは、毎日いくらがんばって丁寧にケアをしても、長期間使ってると、衛生面では不安が出てきます。
仮に、カラコン2weekを1週間使った時点と、1年使用のカラコンを6ヶ月使った段階でのレンズでは、当然前者のほうが目にはいいでしょう。
なぜなら、目に見えないくらいの汚れや傷がついていたりするからです。
私は2weekを推す理由はそこにあります。
費用面と安全面のバランスがとれているからこしこれからもっと種類が増えて欲しいと思ってるんです。

関連記事

カラコン2weekではなくアイラボワンデーで視線に気づく

アイラボワンデーのナチュラルラインの自然さに対して、ブリュムラインはより色っぽい感じがします。 ハ

カラコン2weekが1dayより1ヶ月使用よりおすすめな理由

お気に入りのカラーのカラコンがあったり、色々な種類を試してみて瞳の大きさや自分に似合う色などが分かっ

カラコンモデルになりたいと思うくらいはまってる

カラコンは目元をぱっちりさせたり、瞳をお好みの色にして魅力的にするため、必須のアイテムとして若い女性

カラコン2weekにはいい思い出しかないというわけではない

もともと目が悪いので、コンタクトをつけたりめがねをかけたりしていますが、最近は、若い女性だけでなく、

2weekが1dayよりいいなら1ヶ月使用のほうが理想という疑問

ファッションアイテムの定番となっているカラコン。 つけるだけで誰でも魅力的な瞳を手に入れられるとい

カラコン2weekは毎日付けたいからナチュラル系を選ぶ

カラコンが流行っていることは知っていたのですが、若い子が使うアイテムだと思っていました。 目が大き

2weekカラコンかワンデーかで迷った時に考えるポイント

ワンデーカラコンでも危険なことはあるのは言うまでもありません。 ワンデーカラコンだからこその注意点

PAGE TOP ↑